金額を掲示する女性

専門店を見つけよう

古書の買取を依頼するには、まずはあなたの持つ本の「ジャンル」を調べる必要があります。そのうえで、そのジャンルの古書買取りを専門にしているお店を探してサービスを利用するのです。

古書を持っている男性

店頭で買取を依頼

買取をしてくれそうな専門店を見つけたなら、いよいよ腰をあげて行動を開始しましょう。持っていける範囲のところに古書店があるなら、直接、査定と買取を依頼しに行ってもOKです。

古書を処分する方法

ページが開いている古書

全国展開している古本屋チェーンに、処分しようと思って持っていった古本……でもバイト君に「これ買取できませんけど」と言われてしまいました。そんなとき、私たちはどのような行動に出るべきでしょう。とりあえずタダで引き取ってもらいましょうか。それとも、いったん持って帰って別の方法を考えるべきでしょうか。

そう、私たちは後者のような行動に出るべきです。いったん持ち帰りましょう。
その古本が、数十年前、あるいはそれ以前に出たような「古書」である場合は流行りの本を安く提供することを旨としている古本屋チェーンに持っていっても正しい価値が付けてもらえない可能性が高いのです。古書は、見た目の古さ、汚さではなくその中身や資料的価値やコレクター心をくすぐるかどうか、そのあたりに価値があるのです。そしてそのような価値を正しく判断してくれるのは、駅前の古本屋チェーンではなく、古書を扱うことを専門としている買取・販売のお店なのです。つまり、町にある由緒正しい古書店のようなお店です。
そのような専門店で買取サービスをりようすると、駅前の古本屋チェーンでは値がつかないといわれたモノも、万単位の額で引き取られる「宝物」になる場合があるのです。「持ち帰るのは面倒だわ……」などと思わず、ぜひいったん持ち帰って古書買取・販売の専門店に引き取ってもらうための行動を開始しましょう!

読書をしている女性

宅配&出張買取サービス

「古書を宅配で送る」「出張して来てもらう」という方法で買取をお願いすることも可能です。売りたい本がたくさんある、古書店が近くにない、そんなときに利用できる便利なサービスです。

古書

「わたしの古書、いくら?便利な買取サービスで処分しましょう」の記事一覧です。